鯉淵拓真の個人ブログ

[最終更新日]2017/08/12

起業家が学ぶべき、芸人の凄いところ

大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!

最近、テレビを観てふと思ったこと。
芸人さんは本当凄い、尊敬。
数々の起業家を見てきたが、起業家と芸人の姿に共通することを感じた。
そして、起業家が芸人の姿から学ぶことは多いと思いましたので以下に記します。


起業家が学ぶべき、芸人の凄いところ

①人間としてイキイキしてる

何故テレビに出ている芸人は、あんなにもイキイキしているのか。楽しそうなのか。
それは、自分のやりたいことをやっているからだ!(もちろん仕事中の顔でもあるが)
自分を観てくれている人達を笑かしたろうということ。
中には、辛いことややりたくない仕事もたくさんあるやろうけど、根本的に芸人としてやりたいことに違いはない。
やりたいことをやっているとき、人はイキイキする!
どんな仕事も自分の目指していることに繋がると信じ、
楽しく仕事を全うしていきたい。

②ずっとやり続ける根性

芸人としてブレイクするのは、簡単なことではない。
中には十数年もコンビを続けてブレイクした芸人もいれば、ブレイクせずに何十年も続けている人もいる。
本当に凄い粘り強さである。
そういった人達は、自分を常に信じているから、諦めるという選択肢を持たない。
ダラダラ続けている人は諦めたに等しい。本気で心の底から実現できるという熱意を持って続けたい。
諦めたら100%実現しないけど、諦めない限りは実現する可能性は100%に近い。
この姿勢を、我々も見習いたい。

③人を喜ばせるということ

崇高な職業である。
何故なら人を喜ばせる(笑わせる、幸せにする)職業だからである。
起業家もそうだ。社会を良くしたい、実現したい社会がある、貢献したい。
ただ、口ではそういっていながらも、利益ばかりを追ってしまう起業家はいけない。
つい目先の利益を追ってしまっていないか、今一度自身を見つめ直さなければならない。

④お金がない、でも楽しそう

失礼な話だが、お金に余裕のある芸人はそこまで多くないのかもしれない。でも、みんな楽しそう。
周りの人を楽しませるのに、自分が楽しくなければ、仕事が成り立たないから。
馬鹿なことやって、騒いで、小さな出来事も笑いに変えられる。基本的にポジティブなのだろう。
起業家も起業したての頃は、お金がない。
でもそれを楽しまなければならない。周囲を幸せにする芸人さんのように。


見習いたい起業家はたくさんいるけれど、そういった人達はメディアに露出が少ない。リアリティがない。
だから、起業家のような精神を持った楽しくて愉快な芸人さんを身近に感じて、これからも頑張っていきたい。

ご覧いただきありがとうございました! KOIBUCHI

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

  1. 大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!経営者が意思決定力と創造力を鍛えるためには何をすれ...
  2. 大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!経営者が持つべき意思決定力と創造力について書きます...
  3. 大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!最近結構な頻度で、「右手首に何つけてるのですか...
  4. 大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!先日、ある人と興味深い話で盛り上がった。
  5. 大阪の公認会計士・税理士KOIBUCHIです!若手起業家を中心に注目が集まるスタートアップの...

月別記事一覧

ページ上部へ戻る